• 君は「理想の川」を見たか?
    今日から考えるふるさとの川の未来
    フォーラムチラシ PDF
  • 「川らしい」ってどんな川?
  • まちづくりとしての川づくり
開催日時

2月21日(日)13時~16時30分


          
会場

神戸市立垂水勤労市民センター レバンテホール

福田川再生フォーラム2016

本フォーラムは、2008年以来「水辺・たるみ交流会」として開催して参りましたが、今回、我が国の都市河川再生・多自然川づくりの第一人者の吉村伸一さんをお迎えして先駆的な事例をお聞きし、流域の児童生徒の皆さんやご来場の皆様と共に、福田川をモデルとして神戸市内の都市河川流域再生の有り様を考える会に拡充して開催いたします。

後援:環境省 近畿地方環境事務所、兵庫県 神戸県民センター、神戸市

基調講演
吉村伸一
街を流れる川を楽しい空間に「都市河川の再生と市民まちづくり」

日本の多自然川づくりの専門家。建設コンサルタント。株式会社吉村伸一流域計画室代表取締役。北海道生まれ。技術士、技術士、特別上級技術者

河川愛護団体活動報告

垂水すっきゃねん!クラブ
塩屋まちづくり推進会
豊かな森川海を育てる会
海と空の約束プロジェクト
福田川クリーンクラブ

流域の子ども達の発表

「福田川のむかし」
流域小学校の環境学習報告
れいんぼぅ☆キッズ

来場者でワークショップ

みんなで描く
「福田川再生ビジョン」
大きな地図に福田川の現在・過去・未来を描こう!

ワークショップ

ファシリテーター : 高田 知紀 神戸市立工業高等専門学校 都市工学科 講師

福田川の過去・現在・未来について、会場にいる全員で意見を出し合い、共有しましょう!
福田川の将来像を描くためには多くの人のまなざし、想いが必要です。
「むかし、福田川でこんなことしたなあ」
「今の福田川にはこんないいところ、楽しいことがあるよ」
「将来、福田川であんなことやこんなことができたらいいなあ」
などなど、自由に、思いっきり福田川について語りましょう!
そんな楽しい語りのなかから、少しずつ福田川のあるべき姿を「こすりだして」いきます。
大人も子どもも、地域住民も学生も行政職員も他地域の人も、みんな同じ目線でどんどん声をあげてください!
全部の意見や想いを拾い上げて、これからの川づくりに反映させていきます!

過去の福田川は

こんなだった、こんなことして遊んだ、など

現在の福田川の

いいところ、残したいところ

未来の福田川で

こんなことがしてみたい、こんな風になったらいいな

意見を書いた

ポストイットを大きな地図に貼り付ける(意見に関連する場所を探して)

地図に貼り付けた

意見をもとに、これからの福田川の将来像、理想像を話し合う

福田川

再生に向けたビジョンをみんなで共有する

河川愛護団体

福田川クリーンクラブ

福田川クリーンクラブは、神戸市垂水区の都市河川・福田川のクリーン活動や、
流域小学校の環境教育支援活動、多自然川づくり、および地域交流イベントなどを行っています。

福田川は神戸市須磨区白川台に源を発し、ニュータウン開発が行われている上流域 を経て、途中、小川と合流して南下し、扇状地から市街地へと流れ、垂水区平磯で 大阪湾に注ぐ、流域面積約 16.9km2、法定河川延長は本川で 7,410m の二級河川。 その流域は神戸市西部の須磨区、垂水区に位置し、上流域のニュータウン開発、海岸埋立地におけるショッピングゾーン、駅前の再開発等により、西神戸地区における 社会・経済の基盤を成している。また、流域の地形は第二神明道路を境に上流が山地、 下流が平地に分かれる。以前は上流側山地の大部分が森林であったが、昭和 40 年代以降に宅地開発が進み、現在の土地利用は市街地が全体の 70%、山地が 30%となっている。神戸市の都市計画では、流域の大部分が市街化区域として定められており、さらに市街化が進行する可能性がある。

仲間募集!

福田川仲間募集

自然豊かな楽しく遊べる川に再生しましょう!

募集チラシ PDF

福田川の目指す水質

24年度、福田川の水質は「生活環境の保全に関する環境基準」はE類型でした。志高く「B」類型を目標にしています。

6.5 以上8.5以下(pH)
水素イオン濃度
3 mg/1以下(BOD)
生物化学的酸素要求量
25 mg/1以下(SS)
浮遊物質量
5000 /100ml以下(MPN)
大腸菌郡数
About Us

お世話になっている協働団体

福田川における多自然川づくりの実現に向けて、市民が福田川の過去や現状、および他地域での河川再生事例について学習する機会を創出。 福田川では、数十年前には地域の子どもたちが泳ぎ、魚を捕まえて遊ぶなど、福田川はコミュニティの重要な要素であった。

しかし現状の福田川は、外来生物や水質悪化などの問題が深刻化するとともに、コンクリート護岸による空間構造から地域住民と川とのかかわりも密接とは言いがたい。 福田川において、多様な生物が豊かな自然環境の中に息づく多自然川づくりを実現するうえで何よりも重要なのは、 福田川の個性を見極めながら、再生のビジョンを描き出すこと。 そのためには、流域の市民が行政機関や専門家と協働しながら、福田川の環境や歴史、さらに最新の河川工学技術について主体的に学習する機会が不可欠。

「海と空の約束」プロジェクト

児童生徒への河川の環境保全意識向上に関する啓発活動で支援

NPO法人「豊かな森川海を育てる会」

主に土木面からの福田川の課題および改修プラン作成のアドバイス

れいんぼぅ☆キッズ

「子ども自立支援」福田小学校校区の子供たちの星空観察クラブ

兵庫・水辺ネットワーク

動植物調査に当たり、調査方法や採集物の同定に関する支援

垂水すっきゃねん!クラブ

福田川の本流および支流の水質調査における連携

特別協賛




神戸マツダ

 

神戸市立工業高等専門学校 都市工学科

共催

垂水すっきゃねん!クラブ、塩屋まちづくり推進会、豊かな森川海を育てる会、海と空の約束プロジェクト、兵庫・水辺ネットワーク、ボーイスカウト神戸垂水

協力

環境省 近畿地方環境事務所、兵庫県 神戸県民センター、神戸市

後援
Contact Us

福田川クリーンクラブ事務局

2002年11月 設立
2012年10月 神戸市環境功労賞 受賞
2013年6月 環境保全功労者等環境大臣賞 受賞
2015年11月 生物多様性アクション大賞2015 入賞

Our adress

〒655-0852
神戸市垂水区
名谷町寺池1452-1
(有限会社えびす急配内)

Our mail

info@fukuda-river-cc.org

Our phone

078-709-6500